ゼロイチwebデザインを始める方必見!ゼロイチ経験者が語るリアルな口コミ

  1. HOME >
  2. webデザイナー >

ゼロイチwebデザインを始める方必見!ゼロイチ経験者が語るリアルな口コミ

こんな人にオススメの記事です

・これから日本デザインのゼロイチWEBデザインに申し込もうと思っている方
・ゼロイチWEBデザインを卒業した方
・WEBデザイナーになりたい方
・オンラインスクールでデザインの勉強をしたい方
・独学でWEBデザイナーになりたい方

2019年事務職だった私

もともと商社の事務職として契約社員としてオフィスで働いていました。当時はこのまま定年まで働こうと日々仕事をしていたのですが、このまま働いて定年したらどうなるんだろうと不安になりました。38歳のときです。あと2年で40代に突入…
あと20年働いてまた一からパートを探すのかな。転職したらこの会社のスキルって役にたたなくなるな…と漠然と不安になったこを覚えています。当時の会社は専用のシステムを入力するお仕事だったのですが、ブラインドタッチ以外他社で活かせるスキルがなくつぶしがきかない仕事でした。

転職するならラストチャンス…そこから転職に向けていろいろ調べ始めました。

手に職を…と模索しはじめる

どこに行っても自分の力で稼げるスキルが欲しいと毎日模索する日々。英語・中国語?プログラマー・webデザイナー。
なぜかYouTube検索したんですね。「webデザイナー」を。

日本デザインのゼロイチwebデザインの動画に釘付けになりました。
たくさんのwebデザイナーの動画を見始めるようになりました。
そこからスクール受講まで時間はかからなかったです。
まず1000円のオンライン講座に申し込み話を聞いてみようと思いました。
初心者でも本当にwebデザイナーになれるのか?
卒業どうなっているのか?など質問しました。その時の講座は私含め3人でお話を聞きました。のちにその方たちもゼロイチwebデザインの初級講座に申し込みしていました。

ついにゼロイチWEBデザイン初級講座に申し込み

時代が平成から令和に移り変わり私はwebデザインを始めました。
ゼロイチwebデザインの受講年齢層は20代から50代でした。私はちょうど真ん中か少し若いくらい?(笑)
学生さんはほぼいなく、主婦だったり、OLさん、男性も異業種のかたで副業目的だったり、
会社でwebデザインを必要になって学ばれるかたもいらっしゃいました。

ほとんどが副業、転職をイメージして受講されていた感じです。

受講したらChatWorkに招待されます。1期の受講生の数は25人くらいでした。
そこで5チームくらいに分かれて1チーム4人から5人くらいでChatWorkのチームに分かれます。

またゼロイチWEBデザインの受講料は正規価格とモニター価格とあって、私はモニター価格で受講しました。
モニター価格は数万円正規価格よりお値引きがあります。
条件はInstagramにハッシュタグをつけて投稿・Facebookに投稿しなくてはなりません。
その投稿をスクショして日本デザイン側に証明としてスクショ画像を送らなくてはなりません。
モニター価格の受講生専用のChatWorkのルームもあり8割くらいの方がモニター価格で受講していました。

ゼロイチWEBデザイン初級講座で学べること

ゼロイチWEBデザイン初級講座で学べること その1

Photoshopでバナーが作れるようになる

ゼロイチWEBデザイン初級講座で学べること その2

HTMLとCSSが多少編集できるようになる

これについて解説していきます。

受講するとYouTubeの限定公開のURLが届きます。
これを見て最後に課題がでます。その課題を期日内にこなしてChatWorkで投稿し講師に添削してもらうという流れです。
添削は講師と受講生1対1の個別で30分くらいのzoomで2回ありました。
その他受講生全員と講師、サポーターが参加するzoomが2回くらいあり、今後の流れや質問など発言できたりする機会がありました。

内、1回は久保さんがフラっと登場して盛り上がったりもしました。

講師は久保さんではありません。当初YouTubeの影響で、受講したら久保さんに教えてもらえると思って受講を決意しました。
チーム分の時に初めて久保さんが講師をするんではないんだ…と思いました。

受講内容のYouTubeの動画は久保さんと他の男性講師が動画で解説していました。

講師は以前の受講生がサポーターを経て講師になるパターンで日本デザインのお仕事をしつつ講師業を行っているようです。
なのでどこかのデザイン会社のWEBデザイナーを経て講師になる方はいないです。
日本デザインのノウハウを教えてもらって、日本デザインで就職という形でデザインの講師を行っているようです。

実際に私の担当講師も、卒業生から講師になっていました。

気になる受講内容は…

最初の動画ではカンバスの作り方、色の付け方、文字の入れ方など動画と同じ操作で同じ物を作って、提出です。

まずは最初数日はこれを繰り返します
2回目の課題はサイズの違うバナー を作成します。
お題はハロウィンだったり、母の日だったりと好きな題材で作成してもOKでした。
Photoshopを触り始めてデザインが出来ていると実感してとっても感動したのを覚えています。

その他にグリッピングマスクで写真を切り抜く方法やコピースタンプツールでニキビを消す方法の課題もありました。

次の課題も形を変えたバナー でした。
ここからがそれぞれデザインを考えて提出しなくてはならない本番の課題です。

デザインのコツを動画の中で久保さんが解説されていましたが、初めからオリジナルデザインを素人が作ってもセンスのないものになってしまう。
センスのいいデザインを作成する一つのコツを動画の中で謳っています。

”レイアウトの参考とテイストの参考を掛け合わせてオリジナルの作品を生み出す”

これがゼロイチWEBデザインの肝となるところだと思います。

確かに今の私のデザインにも生かされているというか、現役デザイナーさんは割と参考探して制作することが多いと思います。

添削も「制作した画像」と「レイアウト参考」「テイスト参考」を3枚合わせて提出し、添削もこれらと比較しながら添削が行われます。

最終課題はHPの制作です。
AdobeのDreamweaverを使用してHTMLやCSSを使いながらHPを作ろうということです。

実際に最初からHTMLで書いていく訳ではありません。
テンプレートをダウンロードして画像の差し替え、背景を差し替え、メニューの追加などでオリジナルのHPに仕上げていく物です。
HTMLとCSSの概念や編集を多少できる…かなっといったレベルでこれが出来たからと言ってプログラミング出来ますとか、自分コーディング出来ますとは言えないのでご注意を!

ここで受講に関する注意ですが、PhotoshopやDreamweaverのソフトの使い方を教えてくれる講座ではありません。
使い方でわからない場面に遭遇したら自分で検索して解決しないとなりません。

添削やChatWorkで聞いたりしたら自分で検索で解決する力がなくなってしまうと怒られてしまいます。
「それもWEBデザイナーとして現場でお仕事するには必要なスキルですよ…」と。

受講した方ほとんどが初級講座を無事卒業しました。
お一人の方は入院で途中断念されたようです。

ここまで受講して出来たことは

Photoshopでバナー制作ができる様になった!
HTMLとCSSが少しわかる様になった!
サイズを変えたらLPもできる…?WEBで使用するデザインはできる様になったということです。

そしたらチラシやフライヤー、名刺制作はできるんじゃ?と思いますが、印刷のデザインを制作するIllustratorはここでは一切触れていません。

同じデザインでもソフトが違います。
デザインでなんでもできるようになるかと思いきや、この辺ご注意です。

初級講座を卒業するときに最後の課題として自分のポートフォリオを作成します。
作成したバナーを4~5つと、webサイトを乗せたポートフォリオです。
これを持って就職活動をするわけです。
これに関しては住んでいる地域と就職活動する会社によると思います。
私に関してはデザイナーとして就職を達成し、現在も活動中です。

ゼロイチwebデザイン卒業からの就職活動の詳細
私の住んでいる地域は都心ではなく地方都市。
webサイト制作の会社は通勤できる範囲で数十社あります。初級講座で出来たポートフォリオを持って就職活動の末、webデザイナーとしての就職活動は難航を極めました。
一番の理由はコーディングが出来ないとwebデザイナーとしての就職は厳しいとどの会社でも言われました。
えっ!ゼロイチwebデザインってHTML・CSSもできるんじゃないの?
これについては簡単な編集が出来るとこであって、イチからコーディングが出来ることにはならない…ということです。

最初の動画ではカンバスの作り方、色の付け方、文字の入れ方など動画と同じ操作で同じ物を作って、提出です。

まずは最初数日はこれを繰り返します
2回目の課題は長細いバナー を作成します。
お題はハロウィンだったり、母の日だったりと割と好きな題材で作成してもOKでした。
Photoshopを触り始めてデザインが出来ていると実感してとっても感動したのを覚えています。

その他にグリッピングマスクで写真を切り抜く方法やコピースタンプツールでニキビを消す方法の課題もありました。

次の課題も形を変えたバナー でした。
ここからがそれぞれデザインを考えて提出しなくてはならない本番の課題です。

デザインのコツを動画の中で久保さんが解説されていましたが、初めからオリジナルデザインを素人が作ってもセンスのないものになってしまう。
センスのいいデザインを作成する一つのコツを動画の中で謳っています。

”レイアウトの参考とテイストの参考を掛け合わせてオリジナルの作品を生み出す”

これがゼロイチWEBデザインの肝となるところだと思います。

確かに今の私のデザインにも生かされているというか、デザイナーさん割と参考探して制作することが多いと思います。
かっちりじゃなくてもそういう方多いと思います。

添削も制作した画像とレイアウト参考・テイスト参考を3枚合わせて提出し、添削もこれらと比較しながら添削が行われます。

最終課題はHPの制作です。
AdobeのDreamweaverを使用してHTMLやCSSを使いながらHPを作ろうということです。

実際に最初からHTMLで書いていく訳ではありません。
テンプレートをダウンロードして画像の差し替え、背景を差し替え、メニューの追加などでオリジナルのHPに仕上げていく物です。
HTMLとCSSの概念や編集を多少できる…かなっといったレベルでこれが出来たからと言ってプログラミング出来ますとか、自分コーディング出来ますとは言えないのでご注意を!

ここで受講に関する注意ですが、PhotoshopやDreamweaverのソフトの使い方を教えてくれる講座ではありません。
使い方でわからない場面に遭遇したら自分で検索して解決しないとなりません。

添削やChatWorkで聞いたりしたら自分で検索で解決する力がなくなってしまうと怒られてしまいます。
それもWEBデザイナーとして現場でお仕事するには必要なスキルですよ…と。

受講した方ほとんどが初級講座を無事卒業しました。
お一人の方は入院で途中断念されたようです。

そしたらチラシやフライヤー、名刺制作はできるんじゃ?と思いますが、印刷のデザインを制作するIllustratorはここでは一切触れていません。

同じデザインでもソフトが違います。
デザインでなんでもできるようになるかと思いきや、この辺ご注意です。

ゼロイチWEBデザイン初級講座受講して卒業後にwebデザイナーになれるのか?
結論WEBデザイナーになれます!!!

初級講座を卒業するときに最後の課題として自分のポートフォリオを作成します。
作成したバナーを4~5つと、webサイトを乗せたポートフォリオです。
これを持って就職活動をするわけです。
これに関しては住んでいる地域と就職活動する会社によると思います。
私に関してはデザイナーとして就職を達成し、現在も会社員デザイナーとして活動中です。

ゼロイチwebデザイン卒業からの就職活動の詳細


私の住んでいる地域は都心ではなく地方都市。
webサイト制作の会社は通勤できる範囲で数十社あります。初級講座で出来たポートフォリオを持って就職活動の末、webデザイナーとしての就職活動は難航を極めました。
一番の理由はコーディングが出来ないとwebデザイナーとしての就職は厳しいとどの会社でも言われました。
えっ!ゼロイチwebデザインってHTML・CSSもできるんじゃないの?
これについては簡単な編集が出来るとこであって、イチからコーディングが出来ることにはならない…ということです。

webデザイナーからDTPデザイナーにシフトチェンジ


現状webデザイナーの道は厳しそうだったので地元にあるDTPデザイナーとして就職活動を始めました。結果、数社に内定を頂き5月に受講してから9月にはデザイナーとしてお仕事を決めるまで至りました。
Photoshopだけしか使えなったのですが、慌ててillustratorを取得しました。
ここは就職先の会社の環境にもよりますが、illustrator初心者でも実践交え、お仕事しながら教えてもらえたのも大きいと思います。

Adobe illustrator取得に役立ったもの


illustrator取得は自信の独学と会社の先輩に聞ける環境があったらです。
独学はオンラインで動画がみれる「Schoo スクー」という動画配信サービスです。
デザインだけではなくWindowsのofficeのソフトやプレゼンの仕方、経営学などあらゆるジャンルの受講が月額980円で見放題です。
illustratorの解説動画もまったく初めての初心者用から応用編までそろっているので、初めてAdobeを使う方にもわかりやすかったです。
私はすでにPhotoshopが使えていたので、illustratorを使えるまで時間はかかりませでした。

なろうと思えば独学でもWEBデザイナーになれる!!

デザイナーとしてお仕事をしている今、なろうと思えば独学でもYouTubeやSchoo・Udemyなど格安で学べるツールはたくさんあります。
お仕事をしていてillustratorを使っていても実際使うツールって限られていてそれでデザインが成り立っていて、分からなければ常に検索して調べるようにしています。
が、たぶんそれはデザイナーになれたという経験からであってで、数年前の事務職をしていた私に、独学でデザイナーになれるよと言っても無理だったと思います。
結果、受講料は高かったですが、なりたかったデザイナーになれたという意味ではゼロイチwebデザインなくしては今のお仕事にたどり着けなかったと断言できます。

他の受講生の卒業後は…


気になるゼロイチwebデザイン受講生の卒業後は、知っている限りデザイナーとしてお仕事をしています。
多いのがフリーランスで活動されている方が多いです。
フリーランスから法人にした方や、日本デザインでそのまま講師をされている方、HP制作会社を立ち上げた方などいらっしゃいます。
ただ、ココナラやクラウドワークス、ランサーズなどのプラットホームで生計を立てようとするとお小遣い程度と思っていた方がいいと思います。
すでにそういうプラットホームで稼がれている方が評価を上げていて、新規参入で稼ごうと思っても難しいと思います。
私も登録して実際案件受けていましたが、時間と単価が見合わなく、すぐに疲弊してしましました。
特にバナー制作やLP制作はわんさかいます。

ココナラで闘う戦術…

ここでココナラで闘う戦術をひとつ…

バナー 制作をでココナラ出品していてもライバルが多すぎて最低価格に設定していても、おそらく依頼はこないでしょう。
その中でもカテゴリーで出品の件数が少ないジャンルがあります。
まずはそこに出品して評価をあげ段々とお仕事を増やしていくのがいいと思います。
私はそこで定期的な依頼を頂きお仕事をいただいていました。
私の場合はIllustratorの練習を兼ねてチラシや印刷物、HPに載せる地図を制作していました。出品前は実際に評価が高い方の作品を購入してみて研究しました。

ちなみに今はクラウドワークスでお仕事を募集する立場になりましたが、HP制作の案件に数日で60名もの募集が集まりました。
その中で1人を選択してお仕事をお願いしましたが、応募の中にはフリーランスデザイナーはもちろんですが、チームで制作しているかたや、企業として応募されている方もいらっしゃいます。
大多数はコーディングも出来て、ワードプレスで制作も出来る、もちろんデザインもできる訳です。

ネットでお仕事をいただくということは、安価な上、べテランWEBデザイナーとも戦わなくてはならないことを覚悟しなくてはならないと思います。

ゼロイチwebデザインに向いている人

ゼロイチwebデザインに向いている人をまとめてみました

  • やりきる事ができ、どんどん自分で突き進める人
  • 一緒に夢を目指す仲間が欲しい人
  • 期限を決められないとなかなか動けない人
  • わからないことは自分で「検索」して解決する解決力のある人
  • 手に職をつけてフリーランスや在宅ワークしたい人
  • Adobeソフトを使えるようになりたい人

私が考えるWEBデザイナーの道


手に職のない方は今すぐにでも手に職をつけた方がいいと思います。
コロナ禍の中でリモートワークが出来ない(もちろん手に職のある方でも不可能な方もいらっしゃいますが)、飲食店で休業を余儀なくされた方、店舗閉鎖などで失業されてしまった方など、今後もリモートでお仕事や、オンラインでお仕事というふ風ににWEBでのお仕事は現在の状況にピッタリだと思います。
すでに大人になってしまった方は、学生と一緒に専門学校へ通うのも厳しいですよね
オンラインスクールはお仕事しながらでも、在宅でも、子育てしながらでも受講できて夢をかなえる近道だと思っています。

先の記述でなろうと思えば独学でもWEBデザイナーになれると言っていましたが、道筋がわからず、途中で迷子になってしまうと思います。
また、正解か正解じゃないかが分からない為、独学からのデザイナーは時間がかかってしまい、費用対効果として近道ではないように思います。

私は多少費用が掛かっても、その道のプロに短時間で教わりたいタイプです。
その分早くその道で収益化して元を取りたいと思っています。

WEBデザインプラスαで闘う

webデザイナー飽和状態なこの現実。


正直ゼロイチwebデザインの内容だけで生計を立てるところまでには難しいと思います。
webデザインができてプラスαな出来ることがあればいいと思います。

私の場合はWordpressでHP制作、動画制作、ドローン撮影、カメラ撮影やSEOなどデザインから派生して Photoshop、illustrator、Premiere Proを使用してお仕事しています。
デザインができると、名刺、チラシ、フライヤー、ロゴデザイン、飲食店メニュー、HP、YouTubeのサムネなど出来ることが多岐にわたってきます。

WEBを仕事にするならWEBマーケティングは必須知識!!


WEBデザイナーでもWEBサイト制作、WordPressでのHP制作でもWEBに関わるお仕事をするのであれば、WEBマーケティングの知識はもはや必須です。
お客様とのお話の中でも集客するためには…やプロモーションに対するお話だったり…クライアントさんがなぜHPを作成したか、バナー 広告を制作したいか、LP制作を依頼するのか…答えは集客したいからですよね。
そんな私もWEBマーケティングの知識はなかったのですが、コレットさんの【WEBマーケティングの神レシピ】でWEBマーケティングの勉強をしています。

正直、クライアントさんと打ち合わせするのにも、「お客さんの希望に沿った提案を考えられる様になった」「HPからの導線を考えてサイト制作ができるようになった」のは神レシピでWEBマーケティングを学んだからといっても過言ではありません。

神レシピがリリースされたのは最近のことなのですが、WEBデザインを学ぶ前に知っておきたかった!!と思う内容です。 それくらいWEBに関わる方全員に知ってもらいたい神レシピなのです。
内容は紙の教科書の様なもので動画を見ながら記述式になっています。付属の2時間の動画を見ながらレシピを埋めていくという内容です。
2時間でWEBマーケティングの基礎知識がビジュアル的に図解で理解出来ます。

これはWEBデザインを学んだあとにも必須の項目になるので先、知っておいた方が全体像を知った上でWEBの知識を入れて行った方がより理解が深まるかなと思います。
また、月1回のZOOMオンラインセミナーも含まれています。作者のコレットさんの開催ですので、わからないところなどZOOの中で直接聞くことが出来きます。

詳細は下の画像をクリックしてください。

\こちらをクリック/

コレット流WEBマーケティングの神レシピ

webデザイナーになりたい方を応援しています


コロナ禍のこの時代テレワークやリモートワークなどが注目されてwebデザイナーにも注目が集まています。
デザインのお仕事は会社員をしている私でもリモートワークができパソコン一つで仕事が完結できるお仕事でもあります。
私がそうだったように受講して4カ月後には未経験からデザイナーとして会社に就職出来ました。
Adobeソフトを使用できるだけでリモートワークや転職・フリーランスになることも可能です。
Adobeコンプリートプランを半額で契約する方法もあります。
別の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

この記事をみて多くのかたが夢を叶えデザイナーとして活躍するのを願っています。

WEBデザイナーを目指す方必見、Photoshopを半額で購入する方法

-webデザイナー

Copyright© ちびろぐ , 2021 All Rights Reserved.